パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Linus、オープンソースにおける多様性と感じのよい人であることについて語る」記事へのコメント

  • "being nice"には、「下手に出る」という意味もあるらしいのだが、それだと
    日本には「お客様は神様です」という強烈なイデオロギーがあるな。

    Linusは売り物としてカーネルを開発している訳じゃないので、
    芸術家に近いスタンスを持っているというだけの気もする。

    しかしそもそも、三波春夫が「お客様は神様です」と言っていたのは、
    芸を奉納すると考えると、客が神に相当するという話だった。

    そして、「これは売り物じゃない」という物を何故作るかと突き詰めると、
    「神に捧げる」という話になってくる。

    つまり、オープンソースソフトウェアを使う俺はネ申だったんだよ!!!
    ΩΩΩ<な、なんだってー!?

    • by Anonymous Coward

      まあ実際客の立場になると偉そうなことを言う馬鹿な日本人ばっかりだからな

      • 金払うと偉そうな態度とる奴がいるのは日本に限らないんだが
        • by Anonymous Coward

          いや、金払ってるなら偉そうじゃなくて偉いんだよ。

          • by Anonymous Coward on 2015年01月19日 10時24分 (#2745877)

            いや偉くはないよ。取引相手として対等になるんだよ。
            ……というのはまあ、ないよね~。
            ただ、別にお金を払う貰うで決まるのではなく、
            選ぶ側か選ばれる側かで決まるのだと思いますよ。

            #余裕があるほうが偉そうにできる。

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              通常、金を払う側が選ぶ側でしょう。

              稀に金を払う側が選べない場合に、
              殿様商売などと言われながらも
              使われ続けることがありますが。

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...