パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

イタリア・ローマ市、OfficeアプリケーションのLibreOffice移行を本格的に開始」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    OSもUbuntuにしたらええがな

    • by Anonymous Coward

      アプリケーションソフトが移行できれば、それを載せられるOSもオープンソースソフトウェア化出来る。
      双方の機能がBestでないにしろ、実用に耐えるなら、納税者の財布にも優しい。
      当然Google系を含むプロプライエタリシステムより、組織的大規模バックドアリスクも少ないだろう事は、プライバシーと機密を扱う地方自治体として重要。
      訳の判らない通信が増え、明日をも知れぬ準ローリングリリースに移行したMS-Windowsは、ファイルシステムすらクローズで、WindowsUpdateによるシステムダウンや、MS社の背後にいる米政府の命令でファイルシステムにいつでもアクセス困難に出来るリスクがある。
      スラドに湧いて出るMS-Office礼賛者には見られない観点である。

      • by Anonymous Coward

        おっ、でっかい釣り針やなー

        • by Anonymous Coward

          じゃあ、釣られてみるかな。

          > 納税者の財布にも優しい
          何でそう言い切れるの? 何か根拠でもあるの?

          • by Anonymous Coward

            > 納税者の財布にも優しい
            何でそう言い切れるの? 何か根拠でもあるの?

            調達・維持に投ぜられた高額な費用が米国企業に流れる米製のプロプライエタリソフトウェアと異なり、オープンソースソフトウェアに必要とされるサポート費用の多くはイタリア国内に還流し、景気を押し上げ、税収を増やす。
            同じ事務に掛かる経費・費用が低下する事と併せて、福祉に廻す、税率を下げる、税金引き上げを遅らせる、赤字国債発行を減らす等に廻せる余剰資金(税金)が生ずる。

            これらを以って「納税者の財布にも優しい」と呼ぶ。

            • by Anonymous Coward

              はぁ・・・
              そんな理想通りにいくわけ無いだろ

              浮いた金は他の無駄づかいに費やされるだけだ
              日本のお役所と違ってイタリアのお役所は私欲のために動く人がいないというなら話は別だが

              • by Anonymous Coward on 2018年08月04日 23時25分 (#3455538)

                つまり「浮いた金」の発生は否定していない。←ここ重要(MS利益代弁者はここから否定するからね)

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                まぁね、国の外に金が出て行かないというだけでも
                国民の利益が、それなりにはあるはずなんだよね。

                具体的な数字が見えてきたり
                体感されるようになるには、もっと時間がかかったり
                気づけない場合もあるだろうけどね。

              • by Anonymous Coward

                でも結局浮いた金なんてものは別のことに使われるか、未来の予算に振り替えられたとしても、結局どこかの時点で使われてしまう。
                これこそ金の循環だろう。
                どっちでも結果は同じ。
                金を貯めとくなら使ってさらに収入を増やして、金のサイクルを増やしたほうがよっぽど社会にとっていいよ。

                自己投資ができなくて、死ぬまで金を貯金して精神安定剤のようにしている人たちは、説得しても無理だしな。もったいない!

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...