パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Microsoftがオープンソースソフトウェアの特許紛争対策組織OINに加入、6万件の特許を提供へ」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    タレコみにあるOSDN Magazineの記事に

    同社が持つ60万件の特許ポートフォリオをOINメンバーがロイヤリティフリーで使用するのを認めるという。

    と書いてあります。(注:同社とはマイクロソフトの事)

    例えばOINメンバーのA社がマイクロソフトの特許を使ったBというソフトを作った場合、
    当然A社が自分でBを使う場合には問題はないと思いますが、A社がOINメンバーでない
    C社にこのソフトを有償・無償にかかわらず提供した場合にC社に対しても特許の
    ロイヤリティフリーは適用されるのでしょうか?
    仮に適用されない場合だとA社がBをオープンソースで公開した場合にそれを
    第三者のDが使う場合にロイヤリティが必要となるような気がするので…

    • by Anonymous Coward on 2018年10月13日 23時55分 (#3497385)

      ここでいう「使用」は、MSが特許を取得してる技術を実装することでしょ。
      そうやって作られたソフトの提供を受けたユーザーがどうのって話ではないと思うけど。

      親コメント

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...