パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

LibreOffice 6.2.5で修正された任意コード実行可能な脆弱性、完全には修正されていない」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    セキュリティリスクと利便性はトレードオフだが、いったい誰がWriterの本文に書いたPythonを実行できることを望むというのか。
    セキュリティリスクを負ってまでこの機能を残す意味がわからん。

    • by Anonymous Coward on 2019年08月03日 18時30分 (#3663255)

      率直に言ってMicrosoft Officeの互換ソフトであることが存在意義なのに
      こんな誰得な独自拡張を積極的に仕込むもんなんですね

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        模倣か互換か改善か独自か、ポリシーが一貫しないのがこのプロジェクトの失敗要因だと思う。
        完全な模倣に集中していたら、もっとずっと有用なソフトになっていただろうなあ。
        独自に集中していたら大化けするか、今よりもっと存在感が無くなっていたかだが、どうせ今も結構ひどい状況だし。

      • by Anonymous Coward

        それはMS Officeを買えない人の考え方だよ

        もともと、LibreOfficeの系譜は1985年に遡るもので
        MS Officeが、抱き合わせ販売で市場を支配する前からあるものだよ。

        だから、MS Officeがいらないけど
        オフィススイート自体は使う人にとって有用なんだよ。

        シェアの高いMS Officeとの互換性が必要かどうかは
        場合によるけど、Lotus 1-2-3と互換性があれば充分という人もいるでしょ?

        まぁ、日本語対応していなかったStar Division StarOfficeを
        日本で知っていた人は、非常に限られるわけだけどさ…

        • by Anonymous Coward

          1983 Microsoft Multi-Tool Word (Xenix, DOS)
          1985 Microsoft Word for Mac
          1985 StarWriter (CP/M)
          ...
          1989 Microsoft Word for Windows
          1989 Microsoft Office for Mac
          1990 Microsoft Office for Windows
          1994 StarOffice 2.0 (StarWriter, StarCalc and StarBase for Windows 3.1)

          Office Stuiteとしても後発やな

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...