パスワードを忘れた? アカウント作成

新型コロナ接触確認アプリで発見された不具合、OSS利用をめぐる議論にまで発展」記事へのコメント

  • その構図が根本的におかしい。
    受託会社は工程管理をしたっていうけれど、それで数千万円?

    国民としては税金からお金を払っているクライアントであって、買った商品に重大な欠点があれば文句も言うし、凡ミスであれば意地悪くも言われるだろう。

    一方、実際に労力を提供して開発したOSSコミュニティの人たちは、いつもの「OSSだから文句言うな」的な考えでいたとか?
    それでケチ付けられたから逆ギレ。

    ちゃんとお金を出して発注したなら、仕事もお金をもらってやる開発チームに任せればよかったんだ。
    そうすればお金をもらった以上、責任をもって仕事に当たるし、バグがあれば責任が

    • Re: (スコア:3, 興味深い)

      by Anonymous Coward

      一般社団法人コード・フォー・ジャパンが本当にボランティアで開発していたソフトが既にあったんだよ
      ただそれと並行して走っていた厚労省の「本筋」アプリの方が省の認識不足、業者の技量不足で頓挫した
      かと言ってコード・フォー・ジャパンに頭は下げられないから「それ以外」で探した結果個人開発者の
      習作程度の完成度のものを掴んでしまい、しかもその個人をシバいて完成させてしまった
      結果、半人月で数千万円程度の動かないソフトが配布されてしまった

      この問題は「コード・フォー・ジャパン以外」で探したところに起点があって、
      そこへ立ち戻らないと永遠に解決しないんじゃないか?

      • コード・フォー・ジャパンはソースコードを公開したと聞きましたが、OSSとしての公開では無かったと言うことでしょうか。

        • by Anonymous Coward on 2020年06月24日 20時07分 (#3839627)

          政府側でHER-SYSと言うコロナ対策用のシステムを発注してて、それがAzureベースの技術だったから、その連携先に同じくAzureベースのCOVID-19Radarを採用した(採用しちゃった)と言う観測が出ています。自己解決しました。すみません…

          https://lai.so/entry/2020/06/22/covid-19radar-and-me#fn-8eac1877 [lai.so]

          • by Anonymous Coward

            あーなるほど。
            URL先を読んで、色々とモヤモヤしていた物がスッキリした気がした
            時系列で事実だけをちゃんとまとめてあると、物凄く良いですね。

            厚労省に指導権が移った時にAzure前提で総合的なシステム構築を目指したって感じかもですね。
            それを求めたのが厚労省側だったのか、デベロッパー側なのかは分からない憶測で、想像でしか無いですけどね。
            awsと採用実績で争う時期でもあるので必死だったかもですね

            そのM$営業側から見るとAzureベースで政府系の受託案件を増やしたいという思惑から、ちょうどXamarin + Azureベースで開発していた某アプリが都合が良かった。

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...