パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

高校生が制作したディストリビューションEcolinuxがGPL違反!?」記事へのコメント

  • > もし2chで指摘されなければいつまでもそういったライセンス違反の状態が続いていたことになり


    Ecolinuxのソースコードの入手先として、Ubuntuのレポジトリへのリンクが追加されただけだけど、
    もしUbuntuに何かがあってこのレポジトリが消されてしまったらどうなるんだろう?消される可能性は非常に低いと思うけれど。

    • by Anonymous Coward
      ソースが必要な方は下記メディアにて有料で送付いたします。(或いは返信用の封書とメディアをお送りください)
      ご連絡先:ホゲ

      でよいのでないの?(電子的配布に限ってないよね?)
      一斉にくると滞るだろうけど、それはまたページでお知らせしておけばいいんでない?
      • by Anonymous Coward
        よくないよ。バイナリと同じルートで入手出来ないと。
        • とすると、雑誌についているbinaryのソースは、雑誌経由でしか認めないと?

          実費程度までの金額を請求しての郵送という手段もOKなはずですが、何を根拠に?
          親コメント
          • 一応、自己フォロー

            EcoLinuxのように、ネットのみ配布の場合は別として、すべてを同一メディアから入手させないとみたいな親コメントは、(私も含めて)それは違うんじゃないかな?って思ってしまいます。

            あと疑問なんですが、 誰かが、 WinnyやShareなどに流したら、その人は、sourceを放流し続けないとGPL違反なんですかね?

            親コメント
            • by Anonymous Coward
              そういや俺もBTでdebianのネットインスト用isoイメージだけを共有してるんだけど、
              これもソースのisoイメージをセットに共有しないとGPL違反になるのか?
              • by Anonymous Coward
                おっとこれは確かに興味深い問題かもしれない。
                BitTorrentでのディストリ配布の意義に関係してくる問題だ。
                中継したり、シーダーなったりした人も「バイナリ配布した」ということで同じ手法でのソースの公開義務を負うのであれば、BitTorrentでの流通がほとんど不可能になる。
              • by Anonymous Coward on 2008年09月09日 10時49分 (#1417825)
                英語版GPLFAQには、GPLv2 の場合は「対応するソース」を Torrent に同梱するのが最も安全と書いてありました。

                GPLv3 ではセクション9で
                >コピーを受領するためにピア・ツー・ピア伝送を使った 結果としてのみ発生する『保護された作品』の付随的な普及も、同様に受諾を 必要としない。

                とあるので(GPLv3に限った著作物に限っては)BitTorrent での中継は大丈夫と思われます。

                シーダーについては、
                セクション6

                > e) オブジェクトコードをピア・ツー・ピア伝送を使って伝達する。ただし この場合、あなたは上記小項6dに従い、その作品のオブジェクトコードと 『対応するソース』がどこで一般公衆に無料で提供されるのかということを 他のピアに知らせておかなければならない。

                の条件を満たせば(GPLv3に限った著作物に限っては)よいのかと思います。

                # Linux は GPLv2 なんですよね・・・ソース同梱しなきゃいけないのか・・・
                親コメント

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...